« サイカイ | トップページ | エコたわし »

親コウコウ

☆2月24日(土)☆
 またまた今日もKさんと一緒にお昼ご飯を食べました。
 でも、あっという間に時間がすぎちゃいます。もっともっと話したいけどなぁ。
 また高知にも遊びに行くよ、といって帰っていかはりました。

 帰ってきたら、チャロが発作を起こして倒れてしまいました。
 時々あるんですが、庭から家に入ってくるときに失敗して落ちちゃうと
 びっくりして全身が硬直しちゃうんです。
 よしよし~、となでてやると力がぬけて元にもどるんですが。
 今日も失敗して、庭に落ちて、少しは大丈夫そうにしてたんですが、
 よろよろと横に歩いていって、そこで痙攣。
 そしたら、鳴いたんです。チャロは去年、危篤になったときにどうやら声を
 忘れたようで、それ以来鳴くことがなかったんですが、今日は鳴いて助けを
 求めてきました。 これには母とびっくり。
 「いやぁ、鳴いた、鳴いた。」と喜んでしまったくらい。
 まぁ、いつものようになでてやると落ち着いて、今はかなり元気になってますが、
 やっぱり年いってるんだなぁ、と実感。

 こっちに帰ってくると、親も年をとってきたなぁ、と感じます。
 親って、自分たちより強くてしっかりしていて、元気で、と昔のイメージが
 あるんですが、そんなことないですね。もうすぐ60歳やしなぁ。
 もうちょっと親孝行しなければ。
 でも、親孝行ってちょっと恥ずかしいんですよね・・・ありがとう、とあまり
 ちゃんと言ってへんなぁ。
 でも、これからのことを考えたとき、サイチン生活だと、親の生活を支えること
 って不可能ですよね。自分の生活すら精一杯だし。
 今は元気ですが、これから何があるかわからない。
 色々考える日々です。
 あ、そうそう、父親が最近、たばこをやめたんです。
 奇跡です(笑) 応援せねば。

  【本日の出費】
 朝 食べてないです
 昼 ランチ  1280円
 夜 魚の煮付け、サラダ、お味噌汁、小松菜、煮物、ごはん
   450円

  合計 1730円

|

« サイカイ | トップページ | エコたわし »

コメント

親孝行したい時に親なし。ということがよく言われます。一昨年、僕は、身内の不幸を多くみました。おじいちゃん、おばあちゃんっ子だったのもあるとは思うけど、親戚が亡くなるのはこんなに悲しいことかと、物心ついて初めて思いました。ブログにもあった、戦時中ではないけど、人が死ぬってのは本当に考えものやと思います。日々、伝えられるニュースでの殺人、イラクでのテロ…。あくまで他人であるから平静を保てるんだと思います。話を元に戻すと、僕は一昨年の不幸以来、親孝行に励もうと考えるようになりました。まぁ、というのも、これまで親にかなり迷惑をかけてきたというのがあるのですが、生きてる間にできる限りのことをしてあげたいと思いまして…。といっても、親の方が経済的には尋常じゃなく裕福な訳で、下手に安いプレゼントなんかあまり必要とされてない訳で…。自分にできることってなんやろう…と、日々考えております。手っ取り早いのは、絵をプレゼントすることかな。できる限りでかくて、クォリティの高いものをあげたいかな。でも、今は、そんな時間もなく、じっくり進めていこうと考えております。hamazouzouさんも親孝行はしてあげた方がいいと思います。入院してから親のありがたみってのを再実感したんではないかと思います。お互い、親孝行について討論を深めましょう(笑)
あ、前から気になってたんやけど、京都に帰ってから、えらく関西弁が出るようになりましたなぁ。やはり、故郷はいつまで経っても故郷なんだなぁ。

投稿: 先攻親孝行 | 2007年2月28日 (水) 00時45分

 親孝行ですか、自分は親には不幸ばっかり与えていて、申し訳なく思ってます。
 いい年して、金なし、未来なしのサイチニスタにとっては親孝行なんて何をしたらいいのか解りません。
 ただ、自分のできることは、この不正義な社会に対しあきらめずに生きることぐらいしか思いつきません。
 最後まで、最賃体験がんばりましょう

投稿: k70y09tuna | 2007年2月28日 (水) 02時30分

先攻親孝行さん、健康に生きていくことが一番の親孝行なのかなぁ、とも思います。欲をいえば、近くに住む、とか。感謝の気持ちは忘れないでおこうと思います。 関西弁ですが、ばりばりです。テンポがいいですね、やっぱり☆

k70y09tuna さん、サイチニスタになるのは本人のせいではないですが。あきらめず、健康でいるようにしましょう!!

投稿: hamazouzou | 2007年2月28日 (水) 21時05分

はぁ~っ、親孝行なんて考えることもなく、やってくるときは突然なんですよ。わしは、儒教思想を馬鹿にしてるんですけれど、親なしにわしはなし、わしはなしでも親という人間はあり、なんて考えると、子のないわしはただのひと、としか思えません。
自分があまりにも激しい生き方をしてきたため、ということもありますし、孝行かどうかは知りませんが、大切には思っております。どんなことができるのか、なんてこともよくわかりません。それでも、守るべき時には守り抜き、いのちは奪わせない、と決意し考えました。高齢化する親は、はたして子に守られたいと思っているかわかりませんが、介護は大変でも考えてないと、難しいです。
でも、その時はその時なのよねっ。

投稿: KUNIやん | 2007年3月17日 (土) 02時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216035/5507651

この記事へのトラックバック一覧です: 親コウコウ:

« サイカイ | トップページ | エコたわし »