« ネムリ姫♪ | トップページ | バッシバシ »

マドギワ族

入院してから一週間がたちました。
なんだか早いような遅いような。。。

☆入院生活八日目☆

 さて、今日は朝からだるーい感じでボーッと
 してました。そして、朝から難関が!!!
 そう、採血です。。。(泣)
 
 この不安は見事的中しました。採血に来はった
 看護師さんは、手術前の点滴をしはった看護師さん。
 二人とも、なんだかいやーな予感のもと、採血。

 うううう・・・(泣)
 血管細いんです。私。何度も言いますが。
 だって看護師さんが言わはるんですもん。
 そして、案の定、失敗しはるんですもん。。。
 今日は、三回目にして成功しました。
 むやみに注射の本数、稼いでます。

 そして、今日は、個室から大部屋に移動です。
 だいぶ歩けるし、痛みも薬飲んだら我慢できるし。
 なんだかプチお引っ越し。ドキドキ。
 一番窓側のベッドです。日差しが暑い。。。
 
 入院してわかったことがたくさんあります。
 一番は、「色んな人がいる、ということ」。
 「色んな人が生きている、ということ」。
 そして、「私の体もちゃんと生きようとしている、
 ということ」。
 すごく、大切なこと。

 大部屋の近くには、生まれた赤ちゃんの部屋が
 あります。そこから、生まれたばかりの赤ちゃんの
 声が聞こえます。
 うまれたて。めいいっぱい泣いてるで!!というのが
 伝わってくる。生きよう!としている声や。
 ただ、それだけで元気をもらえる声です。

 大部屋は、カーテンで仕切られていて、まわりに
 どんな人がいるのか、基本的にはわかりません。
 お母ちゃんがかつて入院していた頃は、昼は
 カーテンをあけて、他の患者さんたちと話をしたり
 して過ごしていたそうです。
 でも、今は、何かとデリケートな時代。
 病室の前に名前を出すのでさえ、看護師さんが
 許可を取りにきはります。
 プライバシーってのは、大事なことかもしれない
 けれど、なんだかちょっぴり寂しいなぁと思います。
 まぁ、私は人見知りなので、なかなか声かけたり
 できひんと思うけれど。
 それでも同じように病気で入院してきている人たち。
 顔は見えなくても、なんだか応援したくなります。
 一緒にがんばりましょうって。
 
 大部屋なので、会話ってまる聞こえ。あ、盗み聞き
 してるわけではないのですが。きっと私たちのも
 聞こえてますが。。。
 みんなの不安がわかるんです。共感できるんです。
 時には参考になるんです。
 手術の内容、薬の飲み方、入院の日程、痛みの具合。
 そしてお金のこと。

 とても聞きにくそうですが、やはり聞いてはる人は
 多いです。それを聞くと私もなんだかつらくなります。
 病気は、なんでなったんや~!と怒っても、原因が
 わからなかったり、なった以上どうしようもないもの
 も多い。治すってところにむけるでしょ。
 でも、お金って、なんとかしてや~!って他のところへ
 怒ってしまいたくなるんです。お金さえあれば治る
 なら、お金なんとかしてくださいよって。それは個人に
 ではなく、やっぱり国とかですね。
 病気の痛みは自分でなんとか耐えます。体は自分たちの
 力でがんばります。やから、医療を受ける環境は、国が
 なんとかしてほしいです。そういう国にしていきたい。
 
 なんだか熱く語りましたが、窓際に移って暑いせいでしょう。
 はい。

 【本日の出費】
 テレビカード 1000円

 【本日の注射】
  3本

|

« ネムリ姫♪ | トップページ | バッシバシ »

コメント

はまぞうさん、手術お疲れ様です!
私も注射嫌いなので、特に採血にはトラウマがあるので、気持ちすごくわかります。
入院生活も大変だと思いますが、ゆっくり休んでくださいね。
高知では新しい学生の仲間も待ってますよ~

投稿: konatsu | 2007年2月12日 (月) 11時59分

プチお引っ越し、お疲れさま。
大部屋に移動ということは、順調に回復してるってことやね…よかったです。
なんか「よかった」ってコメント多すぎ?(笑)
まぁ、なにはともあれ、ゆっくり、しっかり療養してください。

投稿: masami | 2007年2月12日 (月) 13時54分

konatsu ちゃん、帰ったら注射の話で盛り上がろう!そして新しい出会いも私を待っているのね☆ 楽しみです

masamiさん、順調です。とっても。順調です。良くなっているのを感じるたび、よかった、よかったと私も思っています。そう思えてヨカッタ、ヨカッタ。

投稿: hamazouzou | 2007年2月12日 (月) 16時47分

不思議ですねぇ、人生の、とき、って。
赤ちゃんがそばにいたり、年をとったひとがそばにいると、やさしい気持ちになれると聞いたことがありますけれど、看護士さんがやさしいのは、病気やけがやといったハンディキャップのもとにあるひとと、直接に接するからなのでしょうか?
忙しくて大変な職業なのに、ひとを癒やすことに一生懸命って、とてもすごいです。
ハマーさんも、大部屋に移るやいなや、いっしょになおしましょう、って思えるのってすごいですよっ。
あなたも、菩薩道をあゆんでるひとなのでしょうねっ。
わしは、仏教徒でもないし、新興宗教にかぶれてるわけでもないですけれど、そのように生きているひとを尊いと思います。
ゆっくり、おやすみなさい。

投稿: 愛知のKUNIやん | 2007年2月12日 (月) 20時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/216035/5307642

この記事へのトラックバック一覧です: マドギワ族:

« ネムリ姫♪ | トップページ | バッシバシ »