トップページ | 2007年2月 »

ケッセンの水曜日

さぁ、手術当日です。人生の初体験がいっぱいつまった一日です。

☆入院生活 三日目☆

 当日。昨日、眠剤ももらい、ぐっすり眠れました。
 朝、第一関門!!点滴の注射です。
 手術用の点滴は、終わってからもしばらく入れるので、腕の関節
 に近くないところにするそうです。そして針も太め。
 でも、手術の麻酔の方が痛いやろうから、我慢だ。。。!!!
 看護師さんが血管を探すけれど、なかなか見つからない。
 「血管、細いですね。。。」
 血管、細いのって、なんだか華奢な感じがしていいですね。
 でも、これが私を苦しめることになるなんて。。。

 一回目。眠いのもあって、いつもより落ち着いているけど、やっぱり
 緊張する。。。けれど!うまく入らず失敗(涙)
 
 二回目。太い針だけあって、採血よりイタイ・・・太ももをつねって
 痛みを分散させる作戦にでる。これごとき、耐えてみせる!! でも
 失敗・・・

 そして三回目、四回目、と失敗が続く。看護師さんも焦り出す。私も
 血管が見えなくて申し訳なくなる。二人で恐縮。
 ここまでくると、もうどうにでもなれ、どんどんさしてくれ!という
 かんじ(笑)

 五回目。場所を変え、やってみたけれど、×。ここが一番イタカッタ。
 すると助っ人登場!!☆ ベテランの看護師さんが来て、一回でスッと
 いれてくれはりました。
 血管には相性があるみたいデス。
 計6本。 三年分。。
 でも、これで完全に開き直れました。

 いよいよ手術。
 歩いて手術室まで行く。
 中はまるで宇宙船のよう。音楽も流れていて、一風変わったリラクゼーション
 施設みたい。
あったかくて、妙に安心する。
 手術台にあがり、まずは背中に注射。うう。。。怖い。
 でも、看護師さんが体を押さえながら、
 「大丈夫ですよ~。っていわれても
 こわいものは仕方ないね~。でも、すぐに終わりますよ~」 
 なんて優しい声をかけてくれ、先生も、
 「はい~、消毒するよ~。のどのイソジンのような薬です~。ってわかっても
 怖いよね~。」
 なんて明るく話してくれて。。。
 いよいよ・・・チクッ!!・・・???
 え?これだけ??
 朝の点滴の方がよっぽどイタカッタです。(笑)

 上をむいて、音楽を聴く。全身麻酔の薬が点滴から入る。
 う~ん。。。あれ、まぶたが。。。眠い??とまばたき三回(たぶん)から
 意識なし。記憶なし。気づくと終わってた、、、

 でも、記憶も意識もないけれど、、先生曰く。麻酔にかかる瞬間、私、
 「あ~、なんか気持ちいいなぁ、、、」と口走ったらしい。
 は、は、恥ずかしい。緊張感0じゃないっすか、、リラックスしすぎじゃ
 ないっすか。。。!!!
 
 「手、握れますか~」と遠くで私を呼ぶ声、また意識なくなり、次、気づくと
 病室でした。

 術後、二時間くらいが私は一番元気でした。麻酔で痛くないし、終わって
 うれしいのとで、看護師さんに「手術してきたとは思えない。。」と言われる
 始末。。

 夕方から、熱が出てきて、酸素マスクしながら、大量発汗。まるでドラマ。
 その横で、安心した両親は、
 「お父ちゃん、アイス食べる??」「そやな、この部屋暑いしな」と二人で
 仲良くアイスを食べていた。
 しんどくても目の端でしっかり見ていたんだよ、お二人さん。チョコアイス
 やった。。。

 【本日の出費】
   0円

 【本日の注射】
   6本(点滴)+2本(麻酔)=8本 4年分

| | コメント (5) | トラックバック (0)

ツカノマの休息

はい、二日目です。さっそく。

☆入院生活 二日目☆ 
 昨日、寝る前に飲んだ下剤が効いて、朝からトイレです。
 朝4時に起きるなんて何年ぶりでしょう。
 初めての病院で、寝れるかなぁ、と思っていましたが、
 ちゃんと寝ていました。はい。すごいです。

 7時には目が覚めます。しかもすこぶる元気。
 私は働いてから、朝起きられない人だと思っていたけど、
 そうじゃなかったんやなぁ、と。疲れていたんやなぁ、と。
 ま、それだけじゃないでしょうが。。。(反省・・・)
 疲れが抜けきらない生活をしているから、朝、しんどいんや。
 今ならバリバリ仕事できるのに。(笑) なんて。。。
 矛盾してます。

 朝 パン二枚。サラダに牛乳にゼリー。 
 こんなに食べられません。。。

 昼 これもしっかりごはんに魚にサラダが出ます。

 今日が一番穏やかな日かもしれへんなぁ。
 検査もなく(注射もなく)、体調もとっても良い。
 明日からは弱るやろうからなぁ。
 差し入れでもらった漫画を読み、テレビを見、ゴロゴロして
 なんだか最高の贅沢をしている気分です。
 今、こうしていることもなんか不思議。変なかんじ。
 高知のみんなはがんばってるんやろうなぁ。

 手術かぁ。想像つかへんなぁ。どうなるんかなぁ。
 でも、明日の私がきっとがんばるやろう。  そしてあさっての
 私が「あのときの私はがんばったなぁ、、」と褒めてくれるやろう。

 夕方、麻酔を担当する先生が来てくれはる。全身麻酔なので、
 その説明。もう一つ、なんたら麻酔(背中からチューブを入れて
 術後の痛みを和らげるらしい)の説明も。
 私は、これまで意識を失ったことがない。貧血とか。未知の世界。
 先生によると、若い女性では3割くらいが夢を見はるらしい。
 いい夢。らしい。「内容は教えてくれはらないんですけどね(笑)」
 きさくな先生で良かった。

 その後、手術室担当の看護師さんが手術の日程などの説明に。
 私より一つ上。高知出身と聞いて、いっきに親近感。
 「何か不安なことはありますか?」との問いにすかさず、
 「注射が・・・切ったりするのはもう全然気にならないんですが。
 ただ、注射が気になります」と思い切って訴えてみました。
 すると、針の大きさ、痛さの感じなど含め、とっても丁寧な説明
 をしてくれはった。じーーん。。。感動。

 一日、とってもリラックスして過ごしました。

 【本日の出費】
 飲み物  150円
 雑誌   500円

 【本日の注射】
   0本
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

サイチン前にニュウイン・・・

今年も最低賃金生活体験が始まります。
去年、初めて参加し、見事オーバー。今年こそは・・・と意気込んで
いたところ。。。

今年は、最賃生活を満喫する前に、入院生活を満喫することになりました。
1月29日から始まるところがミソです。はい、今日から入院です。そして。
ここは、高知から遠く離れた京都。

おいおいブログで紹介していきますが。心配されるといけないので、病状を
報告しときます。(病状ってなんだか格好いいっすね☆)

「卵巣のう腫」 ランソウノウシュ・・・??
ご存知ですか?ひらべったーく言うと、卵巣が腫れちゃったわけです。
んで、かなり大きいので、取っちゃうことになり、手術&入院です。
初です。手術も入院も。ドキドキ☆ワクワク☆??
今は痛みもなく、健康ではないですが(卵巣が腫れているので)、元気です。
とっても。いやぁ、そりゃとても。

ということで、今年のテーマは「最低賃金で入院生活が送れるのか!病気は
治せるのか!!」
です。うまーく最賃生活にあわせて病気になるあたり、すごい
です。(笑)

☆入院生活一日目☆
 今日は入院手続きを済ませ、心電図やレントゲン、肺活量などを検査し、
 病室へ。個室っす。
 そして!!早くも難関!! 注射です。(採血です) 
 実は、私、もうめっちゃくちゃ注射が嫌い。一年に二本(健康診断のとき)
 と決めて生きています。はぁ~、この入院中、一体何本注射があるのやら。。
 とある人に予想してもらうと「26本」。。。13年分です。無理です。。。
 
 昼はさっそく、病院食をいただきます。
 やきそば。ボリューム。胃などを手術するわけでないので、普通食です。
 
 夕方、診察を受けました。女医さんです。とってもサバサバした先生。
 先生がサバサバしているので、こっちも気楽にいられるんですね。
 
 夜ご飯もしっかりいただきました。いつも食べているのより、いいものが
 でます(笑)

 夜に、両親と一緒に手術の説明を受けました。私なんかよりずっとずっと
 心配そうなお母ちゃん。。。MRIなどをみても、かなり大きいことがわかり
 ます。大きいので、開腹手術になる、とのこと。
 「ビキニははきにくくなるかもね」と先生。
 いやぁ、違う意味ではけないです。。。
 あまりに大きいので、悪性の可能性も否定はできない、とのこと。
 ガンって言葉には少しどきりとします。が、、、切ってみなけりゃ
 わからない。わからないもので悩むのはやめとこうっと。

 【本日の出費】
 テレビカード  1000円
 ジュース    300円

 【本日の注射】
    1本

 ●最低賃金生活体験とは●
 最低賃金で生活するとどうなるのか・・・実際にやってみよう!という
 企画。
 高知県の最低賃金は去年の613円より2円上がって615円。
 一ヶ月働いて、そこから保険などを引いた86420円で一ヶ月暮らして
 みます。
 「健康で文化的な生活」が送れるハズです。憲法があるのですから。
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

トップページ | 2007年2月 »